2021.07.19

【無料セミナー】補助金を活用したAIドラレコの導入方法(物流事業者様向け)

メイン画像

「AIドラレコ」はご存じですか?技術の進歩により、数年前と比べてドライブレコーダーの性能は格段に向上しており、最近ではAIを活用したドライブレコーダーを導入する運送会社も増えています。


従来、ドラレコと言えば「何かあったときの映像チェック」という使われ方でしたが、AIドラレコを利用することでドライバーの運転が自動で解析され、事故に繋がるかもしれない危険な運転を発見し、事故を未然に防ぐことができるようになります。
SDカードを抜くことなく映像が確認できるようになるなど、管理者の業務負担を改善する上でも多くの運送会社で活用できますが、このような先進機器の導入にはコストもかかるため、導入を断念したことのある方も多いのではないでしょうか?


そんな方に是非活用いただきたいのが、国交省やトラック協会による補助金・助成金の制度です。例年実施される国交省の補助金制度は、1社あたり最大160万円分という規模の大きさもあり、多くの企業に活用されています。

今回のセミナーでは、AIドラレコを導入するメリットと補助金を活用した導入方法を事例を踏まえながらご紹介します。補助金の申請に必要な手順についてもわかりやすくご説明しますので、奮ってご参加ください。

※国交省の補助金事業については2021年の詳細がまだ発表されていないため、昨年度までの実績を参考にご紹介します。

講演内容

  • ・AIドラレコを活用した交通事故削減ノウハウ
  • ・運送会社が活用するべき補助金・助成金
  • ・補助金・助成金申請の進め方

過去のセミナー参加者の声

・安全指導やドラレコの進化による指導は進化をしてきており、このようなセミナーがあれば、また参加させていただきたいと思います。有意義なセミナー、ありがとうございました。(1001台以上保有・一般社員)
・ドラレコ映像が個人認証する点、危険運転時ドライバーに即時警報を鳴らす点に大変興味を持ちました。(501~1000台保有・管理職)
・危険運転検知よりもリスク運転を検知することで未然事故防止をする考え方が弊社の将来的な事故防止対策と合致していた。(101~500台保有・管理職)
・管理者を挟まずにドライバーが直接AIから指導や気付きがもらえるのは、画期的だと思いました。(101~500台保有・管理職)
・安全目標の設定についてドライバー目線で具体的な数値を出すことや伝え方などが、大変、参考になりました。(31~100台保有・管理職)

参加費無料|セミナー概要

▼対象  運送会社の経営者様・安全管理部門ご責任者
▼日程候補  2021年8月17日(火)11:00~11:45
▼定員  100名
▼参加費 無料
▼会場  オンライン配信
▼講師  株式会社Mobility Technologies スマートドライビング事業部 佐久間 史人
▼備考
・ビデオ会議ツール「Zoom」を活用します。
・開催前日までに、お申し込みいただいたメールアドレス宛に視聴方法をお送りします。
・開始5分前を目途に上記メールに記載のURLをクリックして、ご参加ください。

お申込みフォーム

受付は終了しました。

このセミナーに関するお問い合わせはこちら
執筆
DRIVE CHART 編集部
編集
DRIVE CHART 編集部