AIを活用した交通事故削減支援サービス

OVERVIEW

DRIVE CHARTとは

未だ後を断たない交通事故の削減を目指し、
ドライバーの癖や気の緩みについてAIが気づきを与え、
運転行動の改善へと導くサービスです。

  • ドラレコを設置
  • AIが運転を分析
  • レポートで振り返り
  • 運転が改善
  • 事故削減!

FEATURE

DRIVE CHARTの特徴

1

AIにより様々な危険シーンを検知

脇見
車間距離不足
一時不停止
速度超過
急加速
急減速
急ハンドル

今まで見過ごされていた脇見や車間距離不足などを確認することができます。
ヒヤリハットの原因とされるこれらの事象を検知することができるので、
より納得感の高い指導を実現できます。

普段の運転行動を分析

2

運転行動をレポート画面でわかりやすく表示

REPORT

運転のクセを個人ごとに見える化し、運転傾向をレポートに表示します。
危険なシーンだけを動画でピックアップし
見たいときに素早くチェックすることができます。

効果的な指導をアシスト

3

充実した運用コンサルサポート

  • 運用プロセス設計
  • データ分析
  • 成功事例共有

導入効果を最大化する為には、現場に合わせた運用プロセスの設計や、
運用状況のデータ分析およびそれに基づく継続的な改善が重要です。
効果を創出に向けて、充実した運用コンサルサポートを実施します。

継続的な改善提案により効果を最大化

TECHNOLOGY

利用しているAI技術

コンピュータビジョンを利用して
車両や人との距離やドライバーの顔の向きなどをリアルタイムで認識をして分析。

CASE STUDY

実証実験にご協力いただいた企業様からコメントをいただきました。

  • 京王自動車株式会社
    取締役 運輸事業本部営業管理部長
    河野太陽 様

    • ・全体として優しい運転に変わってきている。実証実験前に比べて事故が全般的に減少してきたことも成果の一つ
    • ・DRIVE CHARTを使うことで一時不停止などの危険な運転がないことを確認でき、安全運転への取り組みのPDCAを確実に回すことができる
    • ・動画を元に管理者とドライバーの間で改善に向けた議論をするなど、安全安心の風土が醸成されて来ていると感じる
  • 株式会社日立物流
    スマートロジスティクス推進部長
    舘内直 様

    • ・どんなドライバーでも、体調・心理状態・運転スキルや癖などによって運転にムラが出ることがある。常に見守ることが重要であるというDRIVE CHARTの思想に共感。
    • ・他の機器との比較検証を行ったが、その中でもDRIVE CHARTは非常に多くの有益な情報を得られる優れたサービスであると判断した。
    • ・今までドライブレコーダーの映像を人の目で見て分析をしてきたが、チェック工数が掛かる上に、見落としや主観が入る可能性がある為、AIを使って効率的かつ同じ基準・尺度で分析できるのは非常に有効。
  • 株式会社首都圏物流
    代表取締役社長
    駒形友章 様

    • ・前年同期比で事故件数が50%以上削減できたのはDRIVE CHARTを使って効果的な指導を実現できた大きな成果だと思う。
    • ・デジタルタコグラフでは検知できなかった車間距離不足が1/3に、脇見も1/2に、導入当初に比べて減少しており、今まで潜んでいた事故の因子を1つずつ潰していくことに成功した。
    • ・レポートは隙間時間を活用して1分程度で簡単に閲覧することができるので、現場の負担が掛かることなく使えたのも高評価。

CONTACT

お問い合わせ

会社名

会社名を入力してください

部署名
氏名

氏名を入力してください

メールアドレス

正しいメールアドレスを入力してください

電話番号

正しい電話番号を入力してください

お問い合わせ内容

お問い合わせ内容を入力してください

  • ※本サービスは事業者向けサービスのため、個人のお客様からのお問い合わせはご遠慮頂いております。
  • ※お問合せいただいた内容に対し、このWebサイト上でご紹介するサービスに関して当社と特定の契約を締結した業務委託先又は販売店その他の当社提携先より対応させていただくことが合理的と判断される場合には、このフォームを通じてご提供いただいたお客様の氏名、連絡先等を第三者である当該提携先へ提供することがありますので、誠に恐れ入りますが、当該第三者への提供について同意いただける場合のみ、このフォームによりお問い合わせください。
送信

正しく送信されました。担当者からご連絡いたします。