ドライバー顔認証機能

メイン画像

AIがドライバーの顔を識別し、ドライバー単位で運転を分析。車両ごとに作成されたレポートを人に紐づけるというありがちな手間から解放。

機能概要

どの車両にいつ誰が乗っても自動でドライバーを識別し社員情報と紐づけることができます。そのため乗車して運転をするだけで、ドライバー別のレポートが自動作成され、DRIVE CHARTのWEB画面上で確認できるようになります。また、ドライバー別の運転データ単位でアカウントが作成されるため、各ドライバーは自分の運転データだけがまとまった専用ページを確認することができます。

解決できる課題・利用シーン

運行管理者が直接指導する時間がなかなか取れない
長距離運転や隔日勤務といった運行管理者の安全運転指導の機会が少なくなりがちなドライバーであっても、自分の運転を自分自身で振り返ることができる専用ページが作成されるので、運転の改善を継続できます。

運転データが車両にしか紐づかず、ドライバー別に紐づけなおす手間が生じている
リスク運転を含む全ての運転データが、車両・ドライバーのそれぞれに自動的に紐付けられるので、運行管理者は動画を整理する手間なくすぐにWEB画面上でドライバーごとの運転の良し悪しを確認することができます。

DRIVE CHARTに問い合わせる

おすすめ機能 RECOMMEND

他の機能を見る